AndroidのスマホからiOSであるiPhoneに切り替えて感じた2つのメリットを紹介!!

お疲れさまです。管理人のムサタロウです。

今回はAndroidからiOSに乗り換えて感じたことを、つらつらと書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

シンプルなつくり。洗練されたデザイン。

直観的に操作できるところがiPhone良いところですよね。Androidはトップ画面メニュー画面をがごちゃごちゃしていますね。その代りにAndroidはカスタマイズ性に優れている点はいいですね。ただ、新しい機能を覚えるのもしんどいので、iPhoneは楽でいいですね。

スマホの操作がややこしくて苦手!という方はAndroidからiPhoneに切り替えることで、使いやすくなる可能性があります。

<所感>
操作関連で行くと、操作した時のバイブレーションもとても好きです。iPhone7から導入されたのかと思いますが、ホームボタンを押した時に、ぶるっと振動します。3Dタッチ(アプリを長押しするとアプリごとのメニューが出る機能など)をしたときも同じ反応です。使ってると癖になります。振動で感動したのは久しぶりかもしれません。

外出する時などは着信音など、携帯から発する音を消したい時があります。iPhone8では携帯のサイドにあるスイッチを切り替えれば、簡単にサイレントモードに移行することが出来ます。
今音が鳴るかどうか、携帯の横側を見ればわかるので、職場や学校で音楽を鳴らす心配も減ります。

アプリ、画像などの共有

appleのアカウントを作ってしまえば、簡単にアプリ画像などが共有できてしまいます。もちろんAndroidでもgoogleのアカウントを作れば共有できてしまうのですが、Appleの場合丁寧に案内してくれるので、使いやすいように感じます。

<追記>

iPhoneは画像のアップデートとしてiClouldがあります。
しかし、無料で使えるのは5GBのみでそれ以降は課金をしないといけないようです。
なのでAndroidと同様googleのアカウントと同期して、googlePhotoで画像を引き継いだ方が便利だと個人的に思います。
(googlePhotoは画像のアップが無制限になっています。20190103)

まとめ

iPhoneは使い始めたばかりなので、まだまだ便利な機能がいっぱいあるかもしれません。Androidを6年ほど使っていてすぐにiOSに移行できるほど簡単に扱うことが出来ます。迷っている方はこの機会にぜひ使ってみてはどうでしょうか。


Twitterをやっています!!
宜しければ Twitterでフォローしてみてください!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です