フォートナイトがもっと便利に!?アイテムへのマーカー機能やバトルロイヤルでのリスポーン機能について解説するぞ!

今回は「ApexLegends」で実装され話題になったアイテムへのマーカー機能とデュオやスクワットでリスポーンが出来る「リスポーンバン」についてフォートナイトにも実装されるので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

ワールドマーカー(以下マーカー)機能について

フォートナイト では元々マップを開いて特定のボタンを押すことでマーカーを置かれ位置が光る機能がありました。ピンと呼ばれることもありますね。

それにより、チームメンバーとのコミュニケーションが取ることができていました。

V8.00」のバージョンアップで、マーカー機能がいくつか強化されました。

十字キーの左を1回押す(コントローラーの場合)ことで、目的地マーカーをつけることができます。(光の帯が出てくる。)そして、ピンを指した場所までの距離をメートル単位で確認することが出来ます。

向いている方向に武器や回復、弾薬、宝箱、ラマ・・・といった様々なアイテムがあればマーカーをつけることが出来るようになり、より一層チームメンバーとのコミニュケーションが取りやすくなりました。

ちなみにアイテムにマーカーをつけた場合2つ注意点があります。
 ・3つまでマーカーをつけられる。
 ・一定時間経つと消える。

十字キーの左を2回押す(コントローラーの場合)と、危険マークのマーカーを置くことができ、敵がどの方向にいるかといった情報をチームメンバーに伝えることができます。

リスポーン機能(リブートバン)

フォートナイトのデュオやスクワットは体力が0になると、ダウン状態(地面に這いつくばっている状態)になり、味方に蘇生してもらえず、赤いゲージが0になってしまうとそのゲーム中は復帰できません。

しかし「v8.3」で追加される「リブートバン」を使えば、死んでしまっても復活することが可能です。(パッチノートは公開されたら、リンクします。)

公式の解説です。日本語翻訳があります。

ではリブートバンについて解説していきます。

味方が死亡した時に、リブートカードがドロップします。

そのリブートカードをリブートバンに持っていき、起動させれば一定時間後に蘇生が出来るようです。

一回利用すると、一定時間は使えなくなります。

リブートバンがおかれる場所は名前の付いた街には基本的に置かれるようです。

リブートカードをリブートバンに持って行くと、カードを回収された各チームメンバーがバトルに復帰します。回収されたリブートカードは、どのメンバーが回収したかに関わらず、全てのチームメンバーが届けることが可能です。

蘇生を開始すると10秒で復活することが出来ます。
リブートバンにはクールダウンがあり、使用後は120秒間、再起動することができないようです。

リブートされたチームメンバーは以下の状態で復帰できます。
・体力100
・ピストル(コモン)1個
・小口径弾薬36個
・木材100個

まとめ

フォートナイトで実装された新しい機能についてピックアップしていきました。

マーカー機能については友達同士でコミュニケーションをするにはもちろん、野良でデュオやスクワットをするときには大変便利な機能だと思います。

いままでは敵の位置を知らせるにも方角を伝えるなどしてかなりしんどかったですからね。

リブートバンについてはスクワットで早死にした時に暇な時間が無くなる、という意味では大変ありがたいですね。特に私は早く死にやすいので(笑)


Twitterをやっています!!
宜しければ Twitterでフォローしてみてください!

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です