iPhoneとiPadでコントロールセンターをカスタマイズして便利にする方法とは??(iOS11以降)

お疲れ様です。管理人のムサタロウです。

iOS11になってコントールセンターをカスタマイズできるようになりました。
そのカスタマイズ方法をお伝えして行きたいと思います。

コントロールセンターのカスタマイズについて

コントロールセンターとは、画面下から上に引っ張った(スワイプ)した時に出てくる画面のことです。
ここで様々な設定を変えることができます。実はここiOS11になってカスタマイズできるようになりました。

まずトップ画面にある「設定」をタップします。

すると、「コントロールセンター」という項目があるので、そこをタップし、次に「コントロールセンターをカスタマイズ」をタップします。

すると以下のような画面になるので、追加したい設定の横にある+をタップすれば、コントロールセンターに追加されます。

コントロールセンターに追加したい便利機能

カスタマイズできる機能が複数ありますので、個人的にお勧めな機能をピックアップします!!

■画面収録
こちらはiPhoneの操作映像が録画することが出来ます。
コントローラーセンターでこちらの機能を有効にすると、カウントダウンが始まり0になったタイミングから録画開始できます。便利ですね。

■アラーム
こちらは時計から遷移できるアラームのショートカット機能です。毎朝アラームを設定する人にとっては便利機能でしょう。

■フラッシュライト
iPhoneの背面にあるライトをつけることが出来ます。
部屋が暗かったり、家財の下をのぞくときに利用しています。

■低電力モード
バッテリーが少ない時に低電力にできるモードです。
こちらについては記事を書いたので、ご参照ください。

カスタマイズではなくデフォルトで使えるコントロールセンターの便利な機能

カスタマイズの話とは別の話になりますが、コントロールセンターで明るさを変更したり、音量を変更することが出来ます。そして、私がよく利用している機能して、ブルーライトのカットをできる機能もあります。
ブルーライトをカットできれば、スマホを長時間使っていても疲れを軽減できる機能なので、知らなかった人はぜひ利用してみてください。

まとめ

簡単にコントロールパネルのカスタマイズをすることができました。表示される個数は偶数だと使いやすいと思いますね。


Twitterをやっています!!
宜しければ Twitterでフォローしてみてください!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です