Fortniteに革命?グラフィックが向上して〇〇が綺麗に!?最新作RTX30シリーズで240fps高画質のFortniteをやってみよう!【NVIDIA発表会】

ついにグラフィックボードの最新作についてNVIDIAから発表がありましたね!😍

今回は9月2日にNvidiaのスペシャルイベントで発表された、RTXの最新作RTX30系列とレイトレーシングについての話を紹介して行きたいと思います。

スポンサーリンク

Nvidiaのスペシャルイベントで気になった点紹介!

今回はFortniteをプレイしている筆者が気になったNvidiaの発表内容について紹介していきます!

最新グラフィックボーRTX30○○の登場!!

今回のイベントでRTXの最新作が発表されました!大興奮ですね!

新しいグラフィックボードはRTX3070とRTX3080,RTX3090と3つの種類があります。

日本の希望小売価格だと以下の表のようになっています。RTX3090はかなりのハイエンドモデルで手軽に手は出せませんが、RTX3070であればライトユーザーでも手が出せる価格帯ではないでしょうか?

商品名 希望小売価格
RTX3070 ¥ 79,980
RTX3080 ¥ 109,800
RTX3090 ¥ 229,800

RTX3070 でもRTX2080Tiの性能を上回るようなので、Fortniteを240fpsでプレイするには申し分のない性能なんじゃないでしょうか?

私の場合はRTX2070でプレイしていますが、低画質の設定でチャプター2シーズン4でもギリギリ240fps出せていますので、RTX3070では中・高画質で240fps張り付くのではないでしょうか?

スポンサーリンク

レイトレーシング・DLSSを活用して他のユーザーよりも最高のFortniteをプレイしよう!

まずはこちらの動画をご覧ください!

今回のこの動画を見てFortniteユーザー(特に自分w)は大歓喜したんじゃないでしょうか??Fortniteの世界がいつもと違って見えましたよね!

Fortniteのグラフィック向上させた技術、レイトレーシング

レイトレーシングという技術を導入すると、水の表現や影の描写、光の反射などを今まで以上に綺麗に表現できるようです!

これにより、今まで以上にFortniteの世界が綺麗に、よりゲームに没入できるようになるんではないでしょうか??

DLSSでFPSを向上・安定化!

DLSSってなんやねんって感じなんですが、こちらNvidiaによると、

DLSSは、AI搭載のディープラーニングニューラルネットワークと、GeForce RTXグラフィックスカードにのみ搭載されているTensorコアを使用して、フレームレートを向上させ、美しく鮮明なビジュアルを生成します。

ということだそうです・・・。

要はRTXのグラフィックボードを積んでいると、FPSが今まで以上に向上するよという機能だそうです!RTXを使っていて、FPSが思ったよりも出ない人はこれにより今以上にFPSが上がるかもしれませんね!

Reflex 低遅延モードでキーボード・マウスの精度が向上??

このモードを適用することで、マウスとキーボードプレイヤーには恩恵があるようです。

NvidiaのサイトによるとReflex 低遅延モードを適用することで、システム遅延を減らすことが可能のようです。

システム遅延を減らすことは、対戦ゲームのプレイヤーにとって非常に重要でPC やディスプレイがユーザーのマウスやキーボードの入力に速く反応することになるようです。
結果的にプレイヤーは敵を瞬時にとらえ、高い精度で射撃できるようになるらしいです。

実際にどのように設定すればレイトレーシングが適用できるのか?

9月17日からRTXのドライバーをインストールすれば、RTX2060以降のグラフィックボードを利用しているPCでレイトレーシングを利用することが可能のようです。

レイトレーシングを適用するとグラフィックの向上は見込めますが、FPSが落ち込んでしまうので、DLSSの設定も適用すればFPSが大きく下がることはないようです。

まとめ

今回は最新グラフィックボードの紹介と、 Fortniteに導入された新機能の紹介を行なっていきました!レイトレーシングやDLSSはPCの方限定になりますが、RTX系を使っている方は機能追加された時にぜひ試してみてください!!

レイトレーシングを適用して全然FPSでないよって方は新しいグラフィックボードを購入して試してみるのもありかもしれませんね!


Twitterをやっています!!
宜しければ Twitterでフォローしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です